スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中高生スキー大会【2】

中高生スキー大会【1】

春に日本の中高に進学した長女と次女は、スキー大会へのエントリーがガラリと変わっていたことに気づいた。

日本では多くのスポーツが、中体連、高体連でまとめあげられているので、学校経由でないと公式大会には出場できないのだ。

公式大会というのは、全日本、チームジャパンと呼ばれる選手になるための免許であり、彼らは国際大会、ワールドカップ、オリンピックでも日の丸を背負う代表選手の選考会への出場という細道へと続くのだ。

トップアスリートとはほど遠い子の親が何を妄想しているのかと呆れられるかもしれないが、トップアスリートになるためには、本人の実力と、周りの大人のマネジメント能力の両方で初めて成り立つのだと親になって改めてわかる。
Marika wins second

少なくとも私は三児の子育て経験を通して、
・ 時間
・ お金
・ ストレス

を最小限で実現する「レバレッジ子育て法」がわかってきたので、少しずつママたちにそのテクニック手抜きっぷりをシェアしたいと思っている。

MamaBA SPORTS & HEALTHでは、ジュニア選手のママのためのランチ交流会を予定しています!
きたる12/15には、MamaBA GLOBALサマーキャンプNAVIが開催されます!
早割は今月末です、20名限定なので、お早めにお申込みください。
ぜひMamaBAメンバーに登録(無料)して、お会いしましょう。
MamaBA GLOBAL http://blog.oricon.co.jp/mamaba-global/

banner_22.gif いつもご投票ありがとうございます!!


>> 「12才からの海外ボーディングスクール」更新中







スポンサーサイト

テーマ : スキー - ジャンル : スポーツ

幼中高生の冬休み

三児のお母さんになると、休みのスケジュール調整は殺人的!!

長女のスキー大会とトレーニングを優先しつつ、冬期講習や自分のバイトの日程を組んでいく。。。

今シーズンは、長女の同級生が一緒にスキー大会のエントリーをすることがわかり、いっきに手続き関係が楽になる!
長女の同級生のお父さんもまた、私と同じ千葉県連のスキークラブに所属しており、ザウス室内スキー場のあった湾岸スキーヤーたちが、いまごろジュニアを育てていることがちょっぴり嬉しくもあり。

しかし高校生からは、在住または在学の東京都からしかスキー大会に出場できないため、長野県のトレーニングバーンを確保したいところ。。。

冬期講習のほうはというと、大手予備校の日時や内容がかなり限られており、復習というよりも先取りの内容になっていることを家庭教師に相談したところ、日程も内容もいまの先生がカスタマイズしてくださることになったので、本当に助かる!!

今週末は三児の用具チェックをして買い揃え、初滑りに出かけたいところである。
IMG_0836.jpg


banner_22.gif いつもご投票ありがとうございます!!


>> 「12才からの海外ボーディングスクール」更新中

テーマ : スキー - ジャンル : スポーツ

中高生スキー大会

雪なし県のアルペンスキー大会出場は、とても難しい!

中学3年生までは、県民ジュニア大会などに参加したり、学校経由で全中への参加も可能となるのに。。。
高校では、顧問が引率するスキー部が無いと、インターハイの出場ができないらしい。

これまでのジュニア大会に変わる国体予選の出場についても、東京都ではこれまでのレースポイントを持っていないと出場権がないという。
留学していた長女は、中1の全中以来のため、3シーズンのうちにポイントを失効してしまったらしい。

スキー部の無い高校に入学して、スキー大会に出る方法。

1)夏までにスキー部を作ってもらう
2)秋までに東京都のスキー選手として登録する
3)シーズン中にポイントレースに出場する
という流れになるらしい。

そもそも全日本とプロスキーで分かれている上に、FISワールドカップのほうも選手登録とかあるわけで。。。

個人競技の大会参加は、たくさんの大人が関わって複雑!
IMG_0959s.jpg

banner_22.gif いつもご投票ありがとうございます!!


>> 「12才からの海外ボーディングスクール」更新中






テーマ : スキー - ジャンル : スポーツ

LA滞在【第1日】


昨日はシアトルからのフライトで、日本からの長女と無事に合流した。
ロサンゼルスは3度目だが、ダウンタウンに2ー3泊程度なので、今回の10泊が最長になる。
円安なのもあるが、アメリカの物価はすごく高い!
日本のレストランのランチ代で、アメリカのコンビニランチって感覚。
それから、田舎じゃないのに車がないと生活できないという感覚がわかってきた。
流行っているのかわからないような店が点在していて、東京のように公園で遊んでから買い物して、という行動範囲にならない。
今日はカタリナ島のキャンプで、ロングビーチまで娘たちを送り出した。
その後30分間隔のバスに乗り、ショッピングセンターまで一時間かかる。
土地勘も切符の買い方もわからぬままメトロは乗り継ぎのバスが60分間隔なので2時間かかって、滞在先から最寄りのビーチに着く。
最寄りと言っても、タクシーで3千円といえば、東京なら23区を出れる料金になる。
アメリカは、東南アジアよりずっと運転しやすそうだが、子連れアルコール抜きの旅行は避けたいところであるw
また、これまで各国のウォーターフロントを旅行したけれども、カリフォルニアの町やビーチは全部大きいので、東京みたいな分刻みの計画は立てられないこともわかった。
そんな夏休みの始まりである。

MamaBA GLOBALイベントでは、南カリフォルニアの年末キャンプを含め、ネットに載らないお得で良質なサマーキャンプや学校情報をご紹介いたします!





テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

第2子以降がオリンピック選手になりやすい

長男の幼児教室で、次の話題が出た。

記事の抜粋:

フジテレビ「とくダネ!」では、「なでしこに意外な共通点」として、なでしこジャパン18人中17人に兄か姉がおり、第2子以降の子であることを伝えた。

また、ロンドン五輪・日本選手団全体では、293選手中189名、実に73%が第2子以降であるという。

同番組によると、これは第2子以降の子どものほうが親に十分甘えられることから、自己肯定的な性格に育ち、自分を貫き通せるようになる傾向があるようだ。
http://news.livedoor.com/olympic/london2012/detail/6793798/


うちの先生が補足することには、第1子は親の選手経験がなければ、どこかのスポーツ教室を選ばざるを得ないので、子どもの運動能力や素質に合った競技や指導法と出会える確率が低いということになるらしい。

ところが、第2子は、上の子の付き添いで幼いころから見学をすることもできて、
「やりたい!」
というモチベーションを持って始められるわけである。

この話を聞いたママ友が、
「ああ、うちの長女(第1子)もちょうど水泳を習い始めたのだけど、自己流で身体を動かしていたころより、面白くなさそうなのよねー」
と言っていた。

スポーツといえばオリンピックがすべてではないので、第1子には逆をとって選手を目指さない教室のほうが本人にとって生涯付き合えるものになるかもしれない。

私も第1子なので、スキーも選手として結果を求めるような練習ではなく、コブやパウダーなどをバランスをとりながら滑れる程度でも楽しいシーズンを過ごしている。

もちろんオリンピック選手の4人に1人は第1子なので、親が選手経験があったり、たまたま近所の指導法がその子の運動能力を大きく伸ばすものだったりという可能性はある。
IMG_0958s.jpg
スキーでも音楽でも指導するときに心がけていることは、その子の人生で初めて出会う感覚を、一生続けたくなるほど素敵な経験にしてあげたいものである。

でもね、結果にばかりこだわるモンスターペアレンツも、たまに見かけますネ。

【イベント】8/31ペースメソッドの親子クラス体験

>> 「12才からの海外ボーディングスクール」更新中


いつもご投票ありがとうございます!!
このブログの順位をみる(PC)

テーマ : ロンドン五輪 - ジャンル : スポーツ

最近の記事
サイトマップ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。