スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国語力の低下は国家力の衰退

「センター試験2013 国語の平均点が過去最低」にコメントされた宮川俊彦先生の講演会「第82回表現教育自主講座」へ行って来た。

そこで買ったのがつぎの本。
いじめ・自殺 この30年で何が変わり、何が変わらないのか (ディスカヴァー携書)いじめ・自殺 この30年で何が変わり、何が変わらないのか (ディスカヴァー携書)
(2013/04/13)
宮川 俊彦

商品詳細を見る


本では、いじめを苦にして追い込まれる子ですら、国語力に関係することを感じた。

概要:

「惨めな自分」が先行して、冷静に自己を客観化し分析していく段階にはなかなか行き得なかった。

大人にとって学校は、子供を「いってらっしゃい」と送り出したら、子どもらしく純真で、遊んで楽しく帰ってきたらいいと牧歌的にとらえているという。

本当は学校は、多様な人間の集合としての社会の現実であり、その中における今の時点での自らの可能性と生き方を探索するところである。

社会の中で、「ありのままで自分でいいよ」なんてことはないわけで、社会に適応するためには、いじめられる子は「なぜいじめられるのか」クラスの人々とは、クラスのタイプとは、いじめる子の傾向はという分析が必要。

分析 → 再編成 → 演出 → 構築

つまり、人格の淘汰があって、社会と適応していくという。

学校の集団生活はなんて大事なことを学ばせてくれているのだろう。
それを学ばせずに「いじめはいけませんよ」なんていう結論だけを強要する大人はファシズムだという。


講演会では、家庭での国語の取り組みについて、我ながらものすごく反省させられた。

読書感想文) ☆いくつとか、「キモ」「オモ」「アツ」って、大人だって2文字で片付けていないだろうか。

読書) そもそも読む本が娯楽で満足していることが多い。
もっと教養としての文学作品を家族で共通の話題にして、「作家の意図を読みとる、追究する」さらには作家の人間性、歴史的背景、特性にまで知るべきと、自身の文学との関わりを見直させられた。

国語力の低下は、国内への影響はもちろん、対外にも影響しているらしい。

たとえば日本の周辺での国境紛争があるが、もし日本に圧倒的な国力があれば、周辺は何も言わないわけだが、ケンカになっても勝てるという自信があるから、周辺からの摩擦が強くなっているそうだ。

お母さんが家庭で取り組める社会問題。

それは国語力であるということ。


banner_22.gif いつもご投票ありがとうございます!!


>> 「12才からの海外ボーディングスクール」更新中

英語で習う音楽クラス:ペースメソッド

海外に住む親子とのネットワーク:MamaBA Global

スポンサーサイト

テーマ : 子育て・教育 - ジャンル : 学校・教育

トリプル受験生かっ!?(2)

中3、小6、2才児のトリプル受験生といっても、合格しないと浪人になるような状況ではないので、親子共に追い込まれてはいないのだが、何せイベントが多い!

いちおう日本の中学受験生を持つのは今回がはじめてで、説明会では受験の臨み方よりも、どんな中高生活が待っているかという話が興味深かった。

写真 (11)
中高の学園祭には足を運ぶのだが、きちんと説明会で話を聞いたのは今回が初めてで、最近の中高のカリキュラムの手厚さに圧倒された。

全寮制ではなくても、日本の中高生はそれに近いぐらい長い時間を学校や宿泊行事で過ごすので、それだけ深く付き合う学校を慎重に選びたいと改めて思った。

少しだけ受験勉強のことに触れると、中高の勉強についていけるために理解しておいたり習慣づけておくための期間と考えるのが良いと思った。
とはいえ、10-11-12-1月の4ヵ月が残されているわけである。
ダイエットだって、3ヵ月続ければ効果が感じらる時期なので、毎日コツコツと取り組みたいと思った。

他の子たちの説明会もモグラたたきのようにどんどん開催されるので、一度話を聞いておきたい学校のタイミングを逃さずに足を運びたいと思う。

とくに来日するボーディングスクールは、ほとんど1回のチャンスなので逃したくないところである。
来日しないボーディングスクールには、長女の渡航先でスクールフェアがないか問い合せたりもしている。

これからの新しい出会いも3倍あるわけなので、親子で楽しく考えて行きたいところである。

学費のトリプルパンチは、、、ウーンどうしよう!?

>> 「12才からの海外ボーディングスクール」更新中


いつもご投票ありがとうございます!!
このブログの順位をみる(PC)




なんだか春になってクソ忙しいと思ったら、うちの3児は全員受験生だってことに気づいた!長女)中3次女)小6長男)2才こんなとき、ちまたの子だくさんはどうしてるんだろーw
トリプル受験生かっ!?

テーマ : 中学受験 - ジャンル : 学校・教育

宿題の計画

この夏休みの宿題は、塾もびっくりの量である。

算数の問題集:4冊(ドリルではなく問題集。。。)!
国語の問題集1冊
理科の問題集:2冊
社会の問題集:1冊

直しや休み明けのテスト対策に1週間を残すと6週間。

その間に思い出作りの旅行や合宿が4つあるので、週平均4日が勝負である。

次女はスケジューリングがまったく苦手で、これまでは8月に入るまで宿題には手も付けないタイプだったのだが、今回ばかりは本人がスケジュール帳を買って、すべての問題集を6週で終えられるように単元を整理。

算数の家庭教師とは、7月中に分数の計算と面積の問題を学習。
うっかりミスまでは直して、考え方にコツの要るものは、家庭教師にとっておく。

理科と社会は、知っているものと知らないものに分けて、知らないものは答えを書いて覚えるという作業。

「知らないものをあれこれ考えちゃうと、本番でも間違えた答えしか思い出せないよ!」
と言ったら、
「そうかもしれないー」
と笑っていた。

次女はできないものを潔くあきらめるタイプで、間違いや減点に凹まないのが良いところ。

しかも、あまり授業をきちんと聞いていないわりに1回復習をするとそこそこ良い点数が取れるので、私が心配するほど勉強ができないわけではない。

それでもとにかく、今回は量をこなさないといけないので、丸付けして直して、休み明けのテスト対策をするまでだと思う。

夏の宿題ごときでぼやいたところでうちにはまだ受験生が2人いるので、子供たちが試験をパスするまでは母が一番ユウウツである。

>> 「12才からの海外ボーディングスクール」更新中


いつもご投票ありがとうございます!!
このブログの順位をみる(PC)

テーマ : 小学校 - ジャンル : 学校・教育

思春期の子と親

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

爆走!家庭教師と夏休み

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
最近の記事
サイトマップ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。