スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長男の幼児教室(2)

【目次】はこちら

8年ぶりの幼児教室!

通塾時間は、長男の足で片道70分。だけど彼の大好きな電車の旅である。
お姉さんたちのときは余裕でバギーを持ち出したけど、電車に乗る時の長男はかなりタフなのでバギーは持って行かない。

持ち物もちょっとした遠足並み。
・ 教室用のカバンとスモック類
・ おむつ
・ 雨具
・ 軽食と水筒
・ 長男用のiPhone(電車の写真やゲーム入り)

東京校では2才児が4名いるそうだが、さすがに千葉の本校まで移動すると2名である。
お友達は女の子で、お姉さんがお受験で小学校にあがったばかりという。
1才児からお姉さんに付き合って、通っていたそうだ。
うちの次女が長女と通っていたころは1才児でも6人以上いて、私は当時で片道90分の道のりを週に3往復したこともあったので、いろいろと懐かしい。

駅の様子も8年前よりきれいになっていて、いつも寄っていたファミレスのほかにもファミレスを見つけながら向かった。

初日の長男は、たくさんのことに挑戦した。
・ 靴と靴下を脱ぎ、靴箱にしまう
・ かばんを開けてスモックを着る → スモックを脱ぎ、たたんでかばんにしまう
・ 水道の蛇口を開いて石鹸で手を洗う
・ マット運動
・ のり、はさみ、クレヨンを使う
・ 白玉だんごをのばす → ちぎる → まるめる → 盛り付ける
・ 席を立ったら椅子をしまう
・ 手をひざの上において、話を聞く

かつての私だったら、「あれもできない、これもできない」で焦りまくりだったけれども、どれも教室に通っているうちに身についていくことを知っているので、長男のがんばりぶりを微笑ましく見学していた。

また、「のりのふたは、親指を寝かせて開ける」という幼児ならではの文具の扱いを久しぶりに教えてもらったりもして、人生で初めて のりのふたを開ける子の手伝い方も学んだ(笑)

帰りは新しいママ友とファミレスでおしゃべりする。
彼女もお受験を終えたばかりのお姉さんがいるので、うちと一緒で、ママよりお姉さんのほうがしつけに厳しいらしい。

うちの長女の通っていた小学校の話になって、運動やアウトドア好きな長女には合っていたと話したら、
「そんなに活発な小学校とは知らなかった」
なんて言われてしまった。

次女は女子校なので、結局うちは3人とも別々の小学校に通うことになり、ママの経験値は上がりっぱなしである。

そしてもう一人の受験生、次女は最近、学校で計算プリントが宿題になっているので、理科と社会を進めている。
歴史の過去問題を見るとミッションスクールなので、キリスト教のことに軽く触れられていることに気づく。これは親としてヤマを張っておいたほうが良さそうである。

いつもご投票ありがとうございます!!
このブログの順位をみる(PC)



長男が魔の2才児に突入したので、娘たちがお世話になった幼児教室へ通うことになった。先生もまた一緒に子育てできることにとても喜んでくださって、それと同時に「大人や大きなお姉さんたちに囲まれて、やりたい放題のわがまま王子にしていない?」と、さりげなくたずねられた。実は今、長男のしつけは私よりずっと次女のほうが厳しいのだ(笑)私も年のせいか、叫んだり暴れたりのやんちゃ坊主よりも、少しは知性を感じられる子...
長男の幼児教室

スポンサーサイト

テーマ : 男の子育児 - ジャンル : 育児

最近の記事
サイトマップ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。