スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宿題の計画

この夏休みの宿題は、塾もびっくりの量である。

算数の問題集:4冊(ドリルではなく問題集。。。)!
国語の問題集1冊
理科の問題集:2冊
社会の問題集:1冊

直しや休み明けのテスト対策に1週間を残すと6週間。

その間に思い出作りの旅行や合宿が4つあるので、週平均4日が勝負である。

次女はスケジューリングがまったく苦手で、これまでは8月に入るまで宿題には手も付けないタイプだったのだが、今回ばかりは本人がスケジュール帳を買って、すべての問題集を6週で終えられるように単元を整理。

算数の家庭教師とは、7月中に分数の計算と面積の問題を学習。
うっかりミスまでは直して、考え方にコツの要るものは、家庭教師にとっておく。

理科と社会は、知っているものと知らないものに分けて、知らないものは答えを書いて覚えるという作業。

「知らないものをあれこれ考えちゃうと、本番でも間違えた答えしか思い出せないよ!」
と言ったら、
「そうかもしれないー」
と笑っていた。

次女はできないものを潔くあきらめるタイプで、間違いや減点に凹まないのが良いところ。

しかも、あまり授業をきちんと聞いていないわりに1回復習をするとそこそこ良い点数が取れるので、私が心配するほど勉強ができないわけではない。

それでもとにかく、今回は量をこなさないといけないので、丸付けして直して、休み明けのテスト対策をするまでだと思う。

夏の宿題ごときでぼやいたところでうちにはまだ受験生が2人いるので、子供たちが試験をパスするまでは母が一番ユウウツである。

>> 「12才からの海外ボーディングスクール」更新中


いつもご投票ありがとうございます!!
このブログの順位をみる(PC)

スポンサーサイト

テーマ : 小学校 - ジャンル : 学校・教育

最近の記事
サイトマップ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。