スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外の不動産運用

国内でも資産運用をしていると、格差社会を感じる。
資産運用というのは、たくさん投資した人ほどたくさん儲かるようになっている。

銀行の預金だって、たくさん預けるほうが金利が高い。
この不平等なシステムは私が生きている時代になんとか変えられたらとも思う。

4カ国目の不動産視察にして、だんだんワールドインベスターとしてうまくやっていくポイントが見えてきた。
CIMG1021.jpg

海外の不動産運用のポイント
・ ロケーション: 国際空港が近くにある都市であること
・ 町の利便性: 徒歩圏にショッピングセンターがあること
・ 仲介業者: 
 特定の開発に関わらず、物件情報やネットワークが多いこと
 売買や管理などの相談に対応してくれること
・ 管理体制: 
 売買に付き合ってくれる良い仲介業者と付き合うこと
 管理会社が決まっていて、すでに運用実績があるほうが望ましい
・ 銀行:
 不動産取引では多額の現金を扱うため、インターネットでの残高チェックはもちろん、担当者のレスポンスが良いこと
・ 税務:
 税務申告のための公認会計士は、毎年連絡をくれること

いくら個人だとか不労だとか言っても、これだけの人が関わるプロジェクトなのだ。

これからも世界の投資家と一緒にトレンドウォッチしながら、経済という海原を安全に航海していこう。

>> 「12才からの海外ボーディングスクール」更新中


いつもご投票ありがとうございます!!
このブログの順位をみる(PC)

スポンサーサイト

テーマ : 社長ブログ - ジャンル : ビジネス

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【海外の不動産運用】

国内でも資産運用をしていると、格差社会を感じる。資産運用というのは、たくさん投資した人ほどたくさん
最近の記事
サイトマップ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。