スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・幼児教育(3)潜入レポート

ザ・幼児教育(1)

ザ・幼児教育(2)

あの話題の幼児教室に、せっかく現役の子育てママなので、どうしても行ってみたいという欲求を断ち切れず、体験に潜り込んできた。

入室すると前のクラスの子もいて、若干グダグダな感じだったのはおそらく、IQを上げるとか言いながら、お受験を前面には出さないせいかなと思った。

さて、あの中島先生が一体どんな子育てをしていたのか?秘密が見れるとワクワクしていたら・・・

ドッツ
フラッシュカード
そろばん
英語の歌
日本語の歌
絵本の読み聞かせ
親子の身体を使った遊び

そしておそらく、巧緻性のハイライトは、
「刺し子」

残念!!

つまり、従来の幼児教材のオンパレードであって、それらをきっちり家でやればIQが上がります!ということだった。

上の教材は、うちの長男が全部やってきたわけではないが、三児のお母さんは全部やってきているw

しかもハイライトの刺し子は、いまの教室でかなり慣れていた。
長男は、プラレールでトンネル遊びとかするから、入口と出口の感覚がよくわかっているのだと思う。

説明からずっとテンションの高いスタッフが
「スゴイ!スゴーイ!」と拍手喝采だけど、親子共にシラケた感じ。

スタッフ「今日は体験なのに静かにお椅子に座って、刺し子もやったことあるんですね!!」
私「はい、いろいろやってますねえ」
スタッフ「いろいろですか?保育園に預けているのに?」
私「そうですね、私というより、いろいろな人に手伝ってもらって」
スタッフ「じゃあ、私も教えてもらわないと!」
(こちらがお金を払って、あなたに教えるんですか?)

今日の体験で初めて
「ああ子育てって楽しいな」
と心の底から思うことができたことに、感謝!



うちの先生は、青山の親子サロンでお話会を開かれます。
おそらく私の弱点「叱れない親」をヒントに、いまどきの親のダメっぷりを気づかせてくださることでしょう。
63778ACC-527C-4EB2-A13B-919C4471AC8D.jpg

***********************************

IQ140以上の子供を育てる伝説の幼児教室の先生によるお話会

テーマ:叱るのは価値観の伝達  ~どんな時にどんな風に叱ればいいの~

日程:3月19日(火)10時半~12時半

講師:福岡潤子先生 http://www.omnipark.net/


いつもご投票ありがとうございます!!
このブログの順位をみる(PC)



英語で習う音楽クラス:ペースメソッド

海外に住む親子とのネットワーク:MamaBA Global


>> 「12才からの海外ボーディングスクール」更新中
スポンサーサイト

テーマ : 男の子育児 - ジャンル : 育児

最近の記事
サイトマップ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。