スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

叱る子育て

IQ140以上の子供を育てる伝説の幼児教室の先生によるお話会
63778ACC-527C-4EB2-A13B-919C4471AC8D.jpg

テーマ:叱るのは価値観の伝達  ~どんな時にどんな風に叱ればいいの~

日程:3月19日(火)10時半~12時半

講師:福岡潤子先生 http://www.omnipark.net/
テレビや雑誌や幼児脳育ドリルでおなじみの伝説の先生のお話会です。
財閥の方々政治家の方々が家庭教師として数々の入学のお手伝いをした実績から口コミでひろがって・・・。

費用:2000円(2時間分のサロン利用料も含む)+1ドリンクオーダー制(ドリンク210円~630円)

場所:ボヌールドサクラ
渋谷区渋谷1-5-10-1F
03-6427-2858
http://www.bonheur-de-sakura.jp

お申し込み:ボヌールドサクラ
info@bonheur-de-sakura.jp
メールの返信をもって、お申し込みとなります。

お名前・お子様の年齢・お子様も同伴かどうか・携帯番号・イベント日・イベント名をお知らせくださいませ。

~福岡先生より~

虐待や体罰の反動で、子どもを叱ることに抵抗をもつ人が多くなっています。また、自分の持ち物もように子どもを捉えていたり、
ペットのように扱ったり。しかし、子どもは数年後、遅くても10年後には、本来の自分の姿に目覚めます。
そんな時に子どもから責めを負うのは、子どもの一番身近にいる両親・祖父母です。

子どもは将来、社会の一員として生活し、今の家族とは別の家族をもち自立していきます。
しかし、今、いろいろな事情でニートや結婚できないという人々が増えています。
その中に、仕事をする意思がなくまま親に依存し、人間として成長していないことで結婚できない人々が多く隠れているのです。
もっといえば、学生の時点で、一般的な意味で道からはずれてしまう子ども達(いじめ・不登校・自殺)の存在があります。

私はもともと幼稚園教諭で、その後も幼児教育に長年携わってまいりました。しかし、学校心理士としての学びのなかで、
法にふれるような問題を起こす子ども達が珍しいことではないこと、さまざまな問題を起こす子どもの存在やその数が多いことを知りました。
また、ここ数年、超有名中学に入学しても途中で退学あるいは自主退学してしまう子どもの存在や、超有名小学校に合格しても、
授業についていかれずにいる子どもの存在もあります。つまり、我が子が成人する途中で壁に当たらない保証はどこにもないのです。

皆さんのお子さんはかわいいさかりです。「将来にわたる人格形成の基礎の重要な時期」。今なら間に合います。
巷でいわれる「ほめて育てる」ことを鵜呑みにしていると、将来後悔なさることになるかもしれません。私は、次のことをお伝えしていきます。
なぜ、ほめるだけではいけないのか。どんな時にどんな風に叱ればいいのか。生きる力を養うにはどんな経験をさせればいいのか。
そのための望ましい親子関係の作り方。「叱ると怒る」の違い。子どもへの言葉のかけ方など、
具体的ですぐに実践できることを数回に分けてお話ししていきたいと思っております。

ひとりでも多くのお母様に『本当にこの子を産んでよかった』と思っていただきたいと思っております。
私はそのための応援団長であり、母親講座の教師でもあります。定員がございますので、早めにお申し込みくださいませ。

潤心会・母と子のオムニパーク主宰  福岡潤子
聖徳大学教職大学院修了。教職修士・幼稚園教諭専修免許・学校心理士。著書の中には海外で翻訳された本もあるなど、子育て本を執筆、電子絵本作家でもある。
幼稚園・小学校受験でほとんどの子どもが第一志望合格。卒室後も中学受験でも慶應・早稲田ほか御三家はもちろん、大学では東大現役合格者も。
保護者は異口同音に、「優しく思いやりのある子に育っている」「信頼できる子どもに育った」との声をよせている。
スポンサーサイト

テーマ : 男の子育児 - ジャンル : 育児

最近の記事
サイトマップ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。