スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・幼児教育(4)才能は環境で育つ!

長男の幼児教室【目次】

ザ・幼児教育(1)

ザ・幼児教育(2)

ザ・幼児教育(3)

息子3才を育てながら、またもや最新の幼児教育の情報に飲まれる私。

結論から言うと、

・ 高い教材は、使ってこそ元を取れる
 買っただけで満足したら、まったく意味がない!(通信教材も同じ)

・ 粗悪な幼児教室は、親が自宅でもできるようなことを代行する
 連れて行く時間だけ無駄(ママ友ができるという意味ではママの精神衛生上良い) 

ということに尽きる。

ではなぜ、わが子は幼児教室に通っているか?というと、お受験で合格するようなパフォーマンスゴールではなく、その子に必要なラーニングゴールを追究できるところだからである。

たとえば「くつ紐を結ぶ」とか、経験によって身に付くことというのは、粗悪な幼児教室ではこういう指導である。
「○○ちゃんは、ひも結びができていませんので、おうちで頑張りましょう。」
以上。
あのー、それ、親ならまだできないってことくらい、わかってますけど。

これが本当のプロの先生だと、こんなふうである。

・ その子がいま一番取り組まなければならないこと
例: かた結びが作れるところまで、など

・ それをどうやって指示して行くか
例: 親指と人差し指でひもをつまむんで、交差した紐を片手でおさえる、など

・ それができるようになったら、次に何に挑戦させられるか

という前に、わが子が親の話を聞いてくれるか、という問題がある。

こんど、この親子関係を良くしてくれるセミナーがあります!!
63778ACC-527C-4EB2-A13B-919C4471AC8D.jpg

4/25 ボヌールドサクラ(渋谷の親子サロン)のイベントご案内

4月 25日 (木)10時半~12時
大好評 IQ140以上の子供を育てる伝説の幼児教室、潤心会の福岡潤子先生の茶話会vol.2です。

今回のテーマは『望ましい親子のコミュニケーション ー反抗した時こそ、望ましい親子関係の構築がー』

*聞き分けのよい子に育てるには(学習する上でも素直さが必要)
*気持ちを素直な方向に持っていく具体的な声かけ
*思いどおりにならない事を通し、自己コントロール力や耐性を身につける
*コミュニケーションにはスキルが必要
*「かして!ありがとう。いや!」などの意思を表すフレーズを自分のものにする

詳しくは http://bonheur-de-sakura.jp/?page_id=132
■場所 ボヌールドサクラ 渋谷区渋谷1−5−10 小笠原ビル1F


banner_22.gif いつもご投票ありがとうございます!!


>> 「12才からの海外ボーディングスクール」更新中

英語で習う音楽クラス:ペースメソッド

海外に住む親子とのネットワーク:MamaBA Global

スポンサーサイト

テーマ : 男の子育児 - ジャンル : 育児

最近の記事
サイトマップ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。