スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人に愛される子

次女が、一人でボランティア活動に出かけることになった。
港区では地域の小中学生による介護施設や保育園でのボランティアを受け入れている。

「小中学生が手伝うって言うより、かえって迷惑にならないの???」

従業員を持つママとしては、次女のこの宿題は却下したかった。。。

学校で説明会はあったものの、ボランティアの申し込み、アポイント、訪問など、子供にはいろいろハードルがあることに気づく。

電話でのアポイントは、学生時代にはじめてバイトの面接を申し込むような緊張感を持って、次女の会話に耳を傾ける。

訪問先は、同じ港区なのに一人で行ったこともないような保育園を選んでしまった。。。
そして案の定、迷子になり、30分も遅刻していた。

その後、長男と近くにでかける用があったのと、決めた時間に切り上げられるかも心配になり、今回ばかりはお迎えをしてしまった。

園長先生はとても心が広い方で、
「よく一人でここまで来てくれたわねえ!小さい子たちと遊ぶのもとても上手だったのよ。こんどは夕方までゆっくりお手伝いに来てね。」
と優しい言葉をかけてくださった。

長男もまた、今月は私の音楽クラスに同伴して、英語クラスに参加しながら仕事が終わるのを待ってくれている。
今月だけ特別に連れて来てもらっていることを理解しているらしく、嬉しそうに一緒に出かけている。

また、最近お友達のいるところが好きなので、幼稚園の年上の子たちと交じって、英語クラスも楽しんでいる。

先生たちからも
「ずっと前から通っているように馴染んでます」
と言われて、とにかくホッとしている。

子供に物を買い与えたり、学力をつけさせたいという親心は、うちの子さえ良ければというエゴに結びつくのではなく、人に愛される子につながっていってほしい。
写真 (12)

banner_22.gif いつもご投票ありがとうございます!!


>> 「12才からの海外ボーディングスクール」更新中

英語で習う音楽クラス:ペースメソッド

海外に住む親子とのネットワーク:MamaBA Global


ようやく日本のママたちのライフスタイルが、先進国の仲間入りをします!
156248_301201426631266_1844642632_n.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 男の子育児 - ジャンル : 育児

最近の記事
サイトマップ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。