スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤマハ音楽教室っていいの?

長女が5才のとき「ピアノを習ってみたい」と言ったので、ヤマハ幼児音楽教室の体験と、ヤマハ音楽講師によるプライベートレッスンに通ったことがある。

ヤマハ幼児音楽教室は、塾のように講師に向かってエレクトーンが並べられ、親子で1台ずつの前に座る。

一度に10組ぐらいは参加しているので、いくら親子同伴といっても1名の講師はフルパワーでたいへんそう。

エレクトーンや電子楽器は手軽で便利ではあるが、親たちが子供のころピアノのある先生のおうちへ通ったのは、弾き方を習うだけではなく、その楽器を持つ人のたたずまいやライフスタイルを知りたかったんじゃないかなーとも思う。

また、アナログの楽器というのは、倍音という人間の耳ではあまり聞こえないような響きがある。
IMG_1636s.jpg

ピアノを習うご家庭から、
「電子キーボードじゃないほうが良いのですか?」
とたずねられるが、アナログの楽器の倍音を子供たちに感じさせたいかどうかの違いと説明している。

ただし電子キーボードもかなり進化していて、鍵盤の重さとか残響らしきものはよく再現できていると思うが、物理的な構造で響く倍音は、メーカーの開発課題なのかもしれない。

ヤマハ音楽講師によるプライベートレッスンは、グレード受検の指導をお願いして、長女は10級と9級に合格することができた。
10級や9級というのは、
「うちの子、ピアノ習ったことありますけど?」
という程度のレベルである。

ヤマハの音楽メソッドは、楽譜を見てもわかるとおりハ長調からしか学習しない。
ハ長調というのはぜんぶ白鍵のため、学習者は楽譜から目線を落として、鍵盤の音を探す作業が増える。
ペースメソッドとの大きな違いといえる。

ペースメソッドは、次女がピアノを習うときに出会ったのだが、そのころになってヤマハの音楽講師でもペースメソッドを導入している先生がいらっしゃることを知った。

きたる9/14日 東京ビッグサイトの「イクフェス2013」にて、ペースメソッドの音楽クラスをワンコインで体験できます!

イクフェス2013での音楽クラス体験のご予約はこちらです。

ペースメソッドに興味を持ってくださったあなたとお会いするのを楽しみにしています!
どうぞご家族で楽しい音楽の時間を持つようにしてください。

ペースメソッド東京へのお問い合わせはこちら

banner_22.gif いつもご投票ありがとうございます!!


>> 「12才からの海外ボーディングスクール」更新中









スポンサーサイト

テーマ : ピアノレッスン - ジャンル : 音楽

最近の記事
サイトマップ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。